本文へスキップ

ぱちパチねっとのパチンコの釘攻略〜ぱちんこで勝率を上げる秘訣

パチンコの釘攻略capture

釘整備実践編

ぱちんこ釘攻略はパチンコ釘の見方を把握し、勝率を上げる為のぱちんこ釘攻略サイトです。ぱちんこ台の釘の見方と攻略方をブロック別に説明します。これを読んで実践してみましょう!
勝率は補償出来ませんが、ぱちんこで遊ぶのが楽しくなります!
まず始めに、一本一本の釘を見る時は必ずその釘の真正面から釘の根っこの部分を見る感じで見るようにしてください。

天釘

天釘

ワープあり天釘

天釘は唯一狙い撃ち出来る箇所になります。上図の1番2番のワープ釘は通常どこの店舗も鬼締めしてありますので、玉がひっかかったら店員さんを呼べばサービス玉でスタート回してくれます。←せこい(笑い)
ワープに玉がいっぱい入る台は優良台ですので狙ってみましょう。

天釘

ワープ無し天釘

最近の遊技台は天釘付近にワープ釘がない事が多く見受けられます。上図のように天釘にワープ釘がない台は基本釘読みしても意味ないのでスルーして大丈夫です。
しかし、一本一本が真っ直ぐが上げ釘になっていない台は、他の部分が適当に整備されているている恐れがあるので、注意してください。
しかし、羽物はこのエリアがとても重要になります。
天釘の狙い撃ち箇所はワープがあっても無くても打ち返しギリギリの箇所を狙って玉を発射させたほうが良く回る傾向のある機種が多数あります。
通称チョロ打ち!色々な台でチョロ打ちは試してみてください。

サイドブロック釘

ぱちんこのサイドブロック釘

サイドブロック釘

サイドブロックにはスタート値に影響するワープ釘と、確変中の持ち玉に影響するスルー釘がある地味に活躍する箇所になります。左図の1番と4番のスルー釘は確変中の玉の増減につながりますす。
1番の釘が上がっていると確変中の玉を増やそうとしている可能性があるので優良台になります。
1番と4番の間が広がっているほど有利になります。
逆に1番が下がっている・1番と4番の間が狭い場合は確変中の玉を減らそうとしている可能性が高いです。
4番の釘が左に向いている釘は明らかに減らそうとしています。
また、2番の釘が上に向いている場合も減らそうとしている可能性が高いです。
3番のワープ釘は通常どこの店舗も締めてあります。
ので、あまり気にしないで大丈夫でしょう。
遊技中にサイドブロックを見る時は玉の流れをしっかりと見ましょう!
玉が外側に流れていく台は回さないように細工されているので玉が内側に流れる台で遊技するようにしましょう!

風車上釘

ぱちんこの風車上釘

風車上釘

風車と風車上の釘はヘソへの寄りを決める重要な釘になります。風車は、矢印方向に倒すことで玉の流れが変わります。
下に向いている風車・左に向いている風車は、スタートをあまり回したくないというわかりやすい箇所なのでしっかりとチェックしましょう!
また、風車上の釘は非常に重要な箇所になります。
単純に釘の向きで玉の動きがかなり変わってきます。
左図の1番と2番の釘が右に向いていると玉はスタートに向かっていくので優良台になります。
1番の釘が下がって2番の釘が上がっていても優良台になります。
もちろんその逆が全てスタートを回さないようにされています。
その他にも、実はこの釘箇所は様々な見なければならない箇所があります。
1番と2番の間の幅を玉がギリギリに通るようになってると回らない。
3番と4番の間の幅が広がってると回らない。
店舗側はこの箇所を試行錯誤して回さないようにしていますので、しっかりとチェックしましょう。
ちなみに、最近のサンセイの台は風車上の釘をいじってもあまり効果ないのでサンセイ台は道釘をチェックしてください。
遊技中にこのエリアを見る時は、玉が風車上釘を通る10個中に何個がスタート側に流れていくかを見ましょう!6個以上がスタート側に流れれば勝負できます。それ以下なら、勝率が低くなると思います。

道釘

ぱちんこの道釘

道釘

道釘はスタート入賞への超重要な釘になります。
道釘は上下の角度が主に重要になってきます。
左の画像のように、矢印の方向に釘が向いて幅が広がっていればいるほど玉は下に落ちていき、スタートが回らなくなります。
逆に、釘の幅が狭まればなるほど玉は落ちる事なくスタートに入りやすくなります。
しかし、現在のほとんどの店舗ではほぼノーマル釘になっています。
釘幅よりも上下角度を意識して見てみてください。
全体的に少し上がっている状態がノーマル釘です。
真っ直ぐ、もしくは下がっている道釘はスタートを回さないようにしている可能性が高いです。
遊技中に道釘を見る時は、玉が跳ね具合に注意して見てみてください。
玉が良く跳ねる台は回りが良い台が多いです。
玉が余り跳ねずにコロコロ転がっていく台は回りが悪い台が多いです。

スタート周り釘

ぱちんこのスタート釘

スタート周り釘

スタート周りの釘はスタート入賞への最終砦ですので、しっかりとチェックしましょう。
まず、2番のジャンプ釘ですが、上げ釘が良いと言われています。
実際はジャンプ釘はスタート入賞への命釘との幅と相性が非常に大事になってくるので、上げ釘が必ず良いという訳ではありません!
1番の命釘は間違いなく広がっているほうが良いです。
しかし、命釘がどんなに広がっていても他のエリアの釘が良くないと全然回りません。
また、命釘はほんの少しだけ広がったり、狭まったりしただけで回りがすごく変わってきます。
毎日命釘を見ていると幅が幅がどれくらいかわかるようになってきます。
また、上げ釘の命釘と下げ釘の命釘とありますが、一般的には上げ釘の命釘が良いと言われていますが、これは間違いです。
命釘はジャンプ釘との相性が非常に重要になってきますので、命釘が上がっていてもジャンプ釘が下がっていたら回らなくなります。
逆に言えば命釘が上げ釘ではなくてもしっかりと回ってくれるという事です。
遊技中にスタート周りの釘を見る時は、玉の動きをしっかりと観察して、どんなに良い釘に見えても回らない台は釘同士の相性が悪いので見た目の釘に騙されないようにしましょう!

アタッカー釘

ぱちんこのアタッカー釘

アタッカー釘

アタッカー釘は出玉に直接影響される釘になります。左図の1番2番の間を狭く、1番と3番お間を広くなっていると出玉が減らされます。
また3番少し上げ釘、1番2番を下げ釘にする事で遊技者にはわかりにくく出玉をを減らされている事もあります。
全ての釘が真っ直ぐになっていれば良い釘です。
出玉削りは長時間遊技するとジワジワときいてきます。
良いアタッカー釘だと収支プラスのはずが、悪いアタッカー釘だと収支がすごくマイナスになる事が多々あります。

アタッカー釘は勝率に大きく影響してしまうのです。
出玉を削りすぎてる台にはどんなに良くスタートが回っても勝率は低くなるので気をつけましょう

サイドポケット釘

ぱちんこのサイドポケット釘

サイドポケット釘

あまり遊技者には関係ない箇所ですが、この箇所を締める事に意識しすぎぎて出玉が増えたりする事もあります。見る箇所は一つだけです。
ポケットに玉を入れないようにする為、店舗側は1番と2番の幅を狭めて、通らないようにしている場合があります。
この釘は実はとてもおいしい釘です。
ここに玉が落ちない為、出玉が増えるケースがよくあります。


inserted by FC2 system