本文へスキップ

はじめてのぱちんこ講座

初めてのぱちんこ講座first pachinko

初めてのぱちんこ講座とは

初めてのぱちんこ講座は、パチンコをやってみたいという方達を対象とする初パチ支援サイトです。初めてのぱちんこは何かとわからない事だらけでお店に入るのに一歩の勇気が必要でしょう!そんな方達の為にぱちんこ店に気楽に入れるよう知識を身に付けて準備をしておきましょう!!ぱちんこ店の店員さんは初めてのお客さんが来るのをもの凄くまっているので、これを読んで安心してぱちんこで遊んできてください。


お店を選ぼう!

ぱちんこをする上でお店選びは非常に大事です!!
●家から近いほうが遊びに行くのが楽だけど、知り合いに合う可能性が高い!
●設置台数が多く、客数も多いお店は勝率が高いけど、空いてる台が少ない為、遊びたい遊  技台で遊べない!
●客数が少ないお店は、遊びたい遊技台をじっくりと選ぶ事ができるが、勝率は低い!
・・・などなど条件を考えると色々と出てきますが、自分にあったスタイルでぱちんこを楽しみましょう!
勝てるお店でぱちんこか!?遊べるお店でぱちんこか!?
どちらにしても、ニコニコしたやさしそうな従業員がいるお店がオススメです!!


ぱちんこ台を選ぼう!

空いている席のぱちんこ台を選びましょう!
誰も座っていないぱちんこ台をキープする為にタバコ・ライター・鍵・携帯電話・いっぱいのぱちんこ玉などなどの所有物を置くのが暗黙のルールになってます。
これらが置いてあるぱちんこ台は空き台ではないので、何も置いていないぱちんこ台に座りましょう!もしわからなければ店員さんに聞けば対応してくれますよ。
何で遊べばいいかわからない場合は、あなたのよく知っているキャラが使われている台などを選べばわかりやすいと思います(エヴァ・花の慶次・海物語など)

ぱちんこ台を選ぶ時にあと二つ必要な知識があります!
一つ目は・・・それぞれのぱちんこ台にはスペックの違いが存在します。
●遊パチ(甘デジ)タイプ ●ライトミドルタイプ ●ミドルタイプ ●マックス(ハイスペック)タイプ
遊パチタイプは当たる確率が低く、出玉が少ないローリスク・ローリターンなタイプです。
当たる確率1/99がほどんどです。
逆に、マックスタイプは当たる確率が高く出玉が多いハイリスク・ハイリターンなタイプです。
お金いっぱい使います(笑)
初めてぱちんこで遊ぶなら遊パチタイプを断然にオススメします!!
二つ目は・・・最近のぱちんこには貸し玉の金額の違いが存在します。
4円ぱちんこ・1円ぱちんこなどです。
貸し玉について・・・ぱちんこ台で遊ぶ為には、ぱちんこ玉を必ず使います。
このぱちんこ玉はお店側がお客にお金を貰って貸して遊んでもらうという形式をとってます。
貸してる玉だから貸し玉と言います。】
4円ぱちんことは・・・1玉4円の貸し玉で遊ぶぱちんこです。1玉4円なので1000円で250玉使用して遊ぶ事ができます。お金をいっぱい使いますが勝った時の喜びもいっぱいです(ハイリスク・ハイリターン)
1円ぱちんことは・・・1玉1円の貸し玉で遊ぶぱちんこです。1玉1円なので1000円で1000玉使用して遊ぶ事ができます。お金をあまり使わずに遊ぶ事が出来ますが大きな勝ちは期待しないほうがいいです(ローリスク・ローリターン)
初めてぱちんこで遊ぶなら1円ぱちんこをオススメします!!
最近では0.5円ぱちんこや0.1円ぱちんこなんかも出てきています。ちょっとやりすぎ感がありますが、お金をかけずにぱちんこを遊べるのはありがたいです。


ぱちんこ台で遊技しよう!

遊技台まず、玉貸機(入金機)に紙幣を入れて玉を借りましょう!
注意する事は、自分のぱちんこ台の玉貸機に紙幣を入れる事です!!
最近のぱちんこ店のほとんどは、ぱちんこ台の左側に紙幣を入れる場所がありますので、隣の人のぱちんこ台に紙幣を入れないようにしてください。紙幣はほぼ千円札〜万札まで入ります。
もし、わからない場合は店員さんを呼びましょう!親切に教えてくれますよ。
店員さんの呼び方は・・・ぱちんこ台の上に台番号の記されたナンバーランプ(コールランプ)という物があります。そこにCALL(呼出)ボタンがあるので、それを1回押すだけで店員さんが来てくれます。ファミレスの呼び出しボタンだと思ってください。
さて、紙幣が入るとぱちんこ台の上皿に残高表示が出ます。100が1万円残高、50が5千円残高、10が千円残高という感じでゼロが1個少なく表示されます。
表示が出たら、残高表示の隣に玉貸しボタンがあるので、1回押してみましょう!
だいたいのお店は1回押すと、5百円分の玉が出てきますが(4円ぱちんこだと125玉)、これらは設定変更が可能な為、お店によっていくら分出てくるかは違いますので軽く覚えておいてください!

玉貸しボタンを押すと、上皿の左側から玉がジャラジャラ出てきます。
玉が出てきたら、いよいよ打ち始めます!!
右下にある、まわるくクルクル回るハンドルを握り回してみましょう!
このハンドルは右に回すほど玉の勢いが強くなりますので、真ん中より左を狙って調節しましょう!
玉を打ち込んで狙う場所は通称ヘソと呼ばれる場所です。ほとんどのぱちんこ台は盤面の真ん中にあります。液晶画面の下ですね。ココに入るとデジタルが回転して当たりの抽選が始まります。
抽選に当選されると、液晶画面の数字が揃います。777などに!美しい7揃いですね☆
数字が揃うとアタッカーと呼ばれる物が開くようになります。このアタッカー玉を入れて持ち玉増やしていきましょう!アタッカーに玉を入れるともの凄くいっぱい玉が出てきておもしろいですよ〜(アタッカーは真ん中下にあったり右側にあったりするので、台のナビゲーションにしたがってハンドルを回し、玉を飛ばす場所を調節しましょう)
1回の当たりが終わると確率変動OR時間短縮モードに入ります。
確率変動とは次の当たりが約束され、かつ次の当たりまで玉を減らさずに遊べるとってもおいしいモードです。ぱちんこはこの確率変動をつかまないと勝つことはできません。
時間短縮とは決められた回数の間は玉を減らさずに遊べるモードです。
いかに確率変動(通称カクヘン)を引き当てるかが勝敗につながってきますので、ぱちんこのたのしさはココかなぁと思います。
玉がいっぱい出てきたら、ドル箱がいっぱいになるのでコールボタンを押して店員さんを呼びましょう!すぐに来てくれて箱を下ろしてくれます。その際、空の箱を顔の横あたりに渡してくるので、受け取ってあげてください。


遊技終了しよう!

さあ!いよいよ長い時間をかけて出した玉を交換しましょう!
遊技をやめる時は必ず店員さんを呼ぶようにしましょう!コールボタンを押すと店員さんがすぐに来てくれるので、手で?の字を作って(やめますよサイン)店員さんにアピールすると、店員さんがいっぱいのドル箱を運んでジェットカウンター(玉計数機)に流してくれます。
全部流し終わったら店員さんからバーコードと玉数の記載されたレシートを渡されるので、それを受け取り景品カウンターという所まで持っていってください。景品カウンターの場所は流してくれた店員さんに聞けばわかります!
景品カウンターに到着したら、店員さん(女性の確率高い)が待っているので、先ほど受け取ったレシートを景品カウンターの店員さんに渡しましょう!
ココで初めてぱちんこ玉を景品に交換する事になります。
景品には特殊景品と一般景品の2種類があります。
特殊景品・・・換金所にもって行く事で現金に交換する事ができる景品(地域によって形状が異なります)
一般景品・・・換金できない一般的に販売されている1万円以下の商品(お菓子・ジュース等)
※ぱちんこ店は換金するという行為を法律で禁止されている為、特殊景品と換金所という物が存在しています。
一般景品は、交換可能玉数表記されて景品カウンターにたくさん置かれているので、何か欲しい物があれば、それを持ってレシートと一緒に景品カウンターの従業員に渡してください。
じっくり選んで特に欲しい物がない場合は、そのままレシートを渡せば特殊景品に交換してくれます。その際、余り玉をどうするか聞かれるので、玉数の少ないお菓子やジュースと交換出来ますが、分からなければ『お任せします』と言えば店員さんが色々と選んでくれます。
最後に特殊景品を換金所に持って行き、現金と交換しましょう!
換金所の場所は行政指導によって店員さんに聞いても教えてもらえないケースが多々あります。
これは、店員さんが悪いわけではないので、うらまないであげてください・・・
換金所の場所はお店の外にありますので自分でみるけるか、換金しそうな人を見付けて後についていってください。
最後の注意点ですが、換金所は直接現金が絡んでいる為、トラブルがよくおきていますので、受け取った金額がしっかりと合っているのかをしっかりと確認してください。


健康ぱちんこ

補足で・・・ぱちんこが脳に与える影響を少しお話させて頂きます。
これは、ある大学教授の研究結果に基づいた情報です。

ぱちんこをしている時に脳の中ではこのような事が起きています
●やる気・意欲に関わる線条体を活性化し、ドーパミンを高める。
●ストレスのもとになるコルチゾールが減っている
●癒しのものとなるセロトニンやオキシトシンが増えている

このように、ぱちんこで遊んでいる時、脳にはものすごく良い刺激を与えている為、お年寄りの方々にはものすごく良い効果があるようです。
若者からお年寄りまで多くの人がぱちんこ店に足を運び、ぱちんこで遊びながら、健康センターまたはコミュニティーセンターのように、人々が仲良く・楽しくコミュニケーションがとれる場になれたら嬉しいです。


inserted by FC2 system