本文へスキップ

CRまわるんぱちんこ大海物語3の釘調整攻略

CRまわるんぱちんこ大海物語3の釘調整攻略kurukuru

2014年11月25日更新

まわるんぱちんこ大海物語3筐体の画像

待望の海シリーズ最新作のCRまわるんぱちんこ大海物語3が登場しましたね。機種名の通り、まわるんです!!ただし回るのはチューリップのおかげです。パカパカといっぱい開くのでスルー次第では普通のパチンコ機になります。もちろん8個保留なので老若男女問わずに遊べる、いかにも海シリーズっぽい良いできです。


まわるんぱちんこ大海物語のサイド釘画像

まずは、サイドブロックの風車上の釘です。ここはなにより1番の釘の上下角度が大事です。1番釘を上げるとスタートが下がります。下げるとスタートが上がります。単純なのですが。1度変えるだけでも変化が激しいので、ここの釘は慎重に調整してください。1番釘の調整が完了したら、2番の釘幅を広げる事でスタートを下げる事が出来ます。1番の釘調整がしっかりと出来ていればサイドの調整は2番釘幅の開け締めで簡単に出来るので。スタート釘の調整ではなく、サイド釘での調整で日々の営業利益を取ることのありだと思います。


まわるんぱちんこ大海物語のスルーの釘画像

お次は重要な調整箇所のスルー釘の調整です。ここの釘を締めすぎると、とてもつまらない遊技台になりますのでご注意を!!基本的に1番の釘は真っ直ぐのままで大丈夫です。2番釘上下調整で簡単に数値を変化できます。上に上げると開け調整で、下に下げると締め調整です。スルー値のデータを上げる事ができますので情報線をつないでおくことをオススメします。ちなみに3番釘を左に曲げるとスルー値を減らす事が簡単に出来ますが、ここはいじらない方が良いと思います。


まわるんぱちんこ大海物語のアタッカーの釘画像

最後はアタッカー釘です。とてもシンプルで両端の1番の釘を外振りしてあげるだけで出玉を削る事が出来ますのでお試しください。ちなみに、2番の釘幅を広げると遊技者にバレバレになるのでオススメできません!


inserted by FC2 system